小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

生えたばかりのお子様の歯は柔らかく虫歯菌の酸で溶けやすいので、大人の歯よりも虫歯にかかりやすく進行が早いことが特徴です。小さなお子様は歯磨きやうがいなどが上手にできないので、保護者の方の仕上げ磨きや生活習慣などの注意が必要です。
当院では、お子様の虫歯治療のほかに、保護者の方と一緒に正しい歯磨きの仕方などのホームケアの方法やフッ素塗布などを行って、虫歯になる前の予防を行っております。

小児歯科とは

歯が生えてきたら定期検診に!

歯が生えてきたら予防のために定期検診に通院することをおすすめしています。
虫歯になってから初めての場所で治療すると、小さなお子様は不安になってしまうことがあります。
痛みを伴わない定期検診で当院の雰囲気や歯科医師に口を触られることに慣れておくと治療もスムーズに進みます。 また、定期的にお口や歯の様子を診ることで、虫歯になった場合も早期発見でき早期に治療することができます。
保護者の方々へは仕上げ磨きで見落としやすい箇所や歯磨きの方法、お子様の歯ブラシや歯磨き粉の選び方などをアドバイスいたします。

歯が生えてきたら定期検診に!

お子様が虫歯にならないために

おやつは時間をきめてあげる

ダラダラとおやつを食べてしまうと、常に口の中が酸性に傾き虫歯ができやすい状態を続いてしまいます。時間を決めておやつはあげるようにしましょう。

おやつは時間をきめてあげる

おやつの種類

糖分を多く含み、口の中に残りやすいものは虫歯菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。糖分を多く含む、チョコやキャラメル、アメやガムなどは長い時間口の中に糖分があることになってしまいます。
おにぎりやサツマイモや果物、またはキシリトールが入ったガムや糖分を含んでいないおやつを選ぶのがよいでしょう。
また、飲み物もジュースや炭酸ではなく、お茶や牛乳などの方が良いでしょう。

おやつの種類

口をゆすぐ習慣をつけよう

ご飯やおやつの後は歯磨きする習慣をご家庭でつくりましょう。歯磨きが難しいときは、口をゆすいだり、お水を飲んだりするだけで、口の中に残る糖分を洗い流すことができます。

口をゆすぐ習慣をつけよう

乳歯が虫歯になると…

乳歯が虫歯になっても生え変わるから大丈夫、ということを聞くことがありますが、それは間違いです。正しく永久歯に生え変わるために乳歯の歯並びはとても大切です。また、永久歯が生える前から口の中に虫歯菌がいると、生えたばかりの永久歯もすぐに虫歯になってしまいます。
正しく永久歯に生え変わるためにも乳歯のうちから、虫歯にならないようにしましょう。
病院案内
小田歯科医院

[ 診療時間 ]

平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜 9:00~12:00/13:00~17:00
休診日 日曜日、祝日

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町 2-2-16
小田ビル2F