口臭診療(予防歯科)

口臭診療(予防歯科)

人には聞けない身だしなみの一つに口臭があります。口臭を気にしてガムや飴を常備したり、サプリを飲んだりしている人もいるのではないでしょうか。

自分の口が臭いかもしれない…と思っていると、話すたびに口から出る息が気になり、人との会話やコミュニケーションが取りにくくなってしまいます。
当院では丁寧な診察により口臭の原因を探り、正しいケアを行いながら口臭を予防することができます。口臭でお悩みの方は是非ご相談ください。

口臭診療(予防歯科)

口臭の原因

口が臭うのは硫黄化合物という物質が原因になっています。卵が腐ったような臭いやアンモニア臭、生ごみが腐った臭いなどが、人を不快にさせる臭いです。この臭いが口から呼気とともに吐き出されるのが口臭です。

口臭の原因は、ストレスや緊張、寝起きの状態などの生理的口臭、ニンニク料理やアルコールなどの飲食によるもの、病的なものがあります。
病的な口臭の場合は、口腔内の病気が原因か、内臓系の病気が原因か、の2つが主なものです。このうち、口腔内の病気が原因のものは歯医者で治療することができます。

口臭の原因

口腔内の病気が原因

歯周病

口臭の原因の多くが歯周病です。歯と歯茎の間の歯周ポケットの中で歯垢や歯石から炎症が始まり、膿や出血があると不快な臭いの原因になります。

歯周病

虫歯

虫歯になった歯の穴に食べかすが溜まり、発酵して口臭の原因になります。
虫歯、というよりも食べかすが原因になることが多いです。磨き残しに注意して歯磨きをしましょう。

虫歯

舌が白くなることがありますが、それは舌苔と呼ばれる舌に付着する苔が白く見えている状態です。舌ブラシなどを適宜利用して、取り除くようにしましょう。

舌

親知らず

親知らずは、歯茎が被さったまま生えてくることが多く、痛みや腫れを伴う炎症が起きることがあります。また、一番奥の歯で磨き残しも多いので、炎症がさらにすすんで口臭の原因になることがあります。

親知らず

ドライマウス

口が乾くと細菌が常駐し口が臭う原因になります。唾液には口を潤す役割や細菌を洗いながす役目があるので、唾液の分泌を意識するのがよいです。

ドライマウス

口臭の予防

口腔内の病気が原因の場合には、口の中の細菌を減らせば口臭はなくなってきます。
虫歯や歯周病に関しては治療をすることでかなり口臭はなくなるでしょう。磨き残しをしないためにも正しい歯磨きの仕方や舌ブラシでの舌苔の除去なども効果的です。
歯医者でのクリーニングで徹底的に汚れの元を除去したり、洗口液などを利用したりするとさらによいです。
また、唾液を分泌させるために耳の下をマッサージしたり、ガムを噛んだりしましょう。

口臭の予防

病院案内
小田歯科医院

[ 診療時間 ]

平日 9:00~12:00/14:00~19:00
土曜 9:00~12:00/13:00~17:00
休診日 日曜日、祝日

〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町 2-2-16
小田ビル2F